ドルフィンの中古トラックの車名一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

日野のかつての大型トラック「ドルフィン」(ドルフィン)の買取について

ドルフィンとは?

日野のかつての大型トラック「ドルフィン」(ドルフィン)

日野自動車が製造販売していた大型トラックです。1981年に発売され、現在の大型車では当たり前となったハイルーフキャビンを初めて搭載しました。
1983年、正式名称「スーパードルフィン(SuperDolphin)」となります。エンジンは1990年より、平成元年排出ガス規制適合のV8・直6・直6ターボを搭載しています。
1992年5月、「スーパードルフィン・プロフィア(〜2003年)」へとフルモデルチェンジが行われました。
現在スーパードルフィンの製造は終了し、同社の「プロフィア」に引き継がれています。

日野のかつての大型トラック「ドルフィン」(ドルフィン)の特徴

車軸・駆動軸のラインアップが多様で、4X2・6X2・6X4・低床6X4・低床8X4などがあります。
タンクローリー専用シャーシ、公道走行不可で最大積載量30tの車種なども設定されていました。
発売当初のキャブは、中型トラック「レンジャー」を、大型サイズに拡大したような外装でした。
1984年、通称「シャッターグリル」「ブラインドグリル」と呼ばれる、横線基調のルーバータイプが装着されます。
1986年には、四角い穴が上下左右に並んだ、通称「蜂の巣グリル」が採用されました。
さらに1990年、「鬼グリル」と呼ばれる逆台形のデザインとなりました。
速度表示灯も、従来の串差し型の丸型3連タイプから、角型へと変更されています。

日野自動車車種一覧

ネット査定お申込みはこちら

 お電話での査定お申し込み お問い合わせはこちら お急ぎのお客様は、こちらフリーダイヤルへおかけください。