ビッグサムの中古トラックの車名一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

UDかつての大型トラック「ビッグサム」(ビッグサム)の買取について

ビッグサムとは?

UDかつての大型トラック「ビッグサム」(ビッグサム)

日産ディーゼル(現在はUDトラックス)が生産したいた10t以上の大型トラックです。ビッグサムの名称は直訳で「大きな親指」ですが、「偉大な父」「頼れる父」という意味があります。長距離トラックを中心にトレーラーやデコトラ、冷蔵冷凍車、ロングダンプといった大型トラックの中心的な存在で幅広く活用されています。

ビッグサムはレゾナの後継車として1990年より発売されましたが、2004年以降はクオンに引き継がれます。ビッグサムも同様に、大型トラックに要求される高い同僚性能と共に、排ガス規制にも対応した人に優しく、そして街に暖かくをコンセプトにバブル崩壊後の日本産業を支えてきた立役者です。耐久性にも優れておりオーバーホール無しでも100万kmを走破できる目標を掲げて生産され、大幅な品質の向上を果たしてきたトラックです。作業効率と安全運転に特化する目的を果たすため代表的なトランスミッションにおける技術革新は、その後のトラックや商用車のベースとなっていく基となる重要な役割を果たしています。

UDかつての大型トラック「ビッグサム」(ビッグサム)の特徴

●ビッグサムの歴史

1989年 生産が開始される
1991年 電子制御自動変速機搭載車を発売
1994年 22t車・25t車を発売
1995年 変速時のクラッチ操作を不要にします。
「ESCOT-Ⅱ」クラッチフリータイプが設定されます。クラッチ操作は発信・後退・停止時のみとなり、走行中の変速はシフトレバーを前後するだけといった快適環境で運転作業に集中できます。シフトダウン時にも自動的にエンジン回転数を合わせてくれる仕組みになっています。ニュートラルはレバーを倒すだけの操作です。
1996年 底床式4軸車を追加
1997年 運転席エアバッグを搭載
2002年 CNG車を発売
2004年 ビッグサムの後継車となるクオンが登場
2005年 日本向の製造が中止される。後にオーストラリア、中国、台湾へ向けての製造は続けられていきます。2014年をもって最後のボリビア向け生産が終了。現在は海外向けの生産を全て中止しています。

日産車種一覧

ネット査定お申込みはこちら

 お電話での査定お申し込み お問い合わせはこちら お急ぎのお客様は、こちらフリーダイヤルへおかけください。