道路機械の中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

道路機械の買取について

道路機械とは

道路機械

道路機械とは道路を施設するために必要な機械やその後の維持、管理を目的とする機械です。狭い意味での道路機械といえば純粋に道路を整備するための舗装工事に使用される機械を指します。

道路機械の特徴

主たる道路機械の種類や現在活躍している機械

●アスファルトフィニッシャー
アスファルト合材を積み込むホッパーと、原動機走行装置を備えたトラクタとアスファルト敷き詰めるためのスクリードからなる建設機械です。スクリードは伸縮し、道路の幅に応じた作業を可能にしています。

●マカダムローラ(マカダム式)
ローラー部分が2軸3輪の三輪車形式であって前輪1個の案内輪と後輪2個の駆動輪からなり、自重6~16tで,主として砕石および砂利道の転圧に用いられます。大型のロードローラーでありながら乗り降りが容易にでき散水用のダンクも兼ね備えています。

●タイヤローラ(タイヤ式)
ロードローラーは圧力や振動によって路面を敷き詰める役割を果たしますがタイヤローラーはゴムの性質を活かして路面の目を潰し滑らかにする作業に使用されます。ロードローラーで付いてしまった線を消す作業とか仕上げ作業に適しています。

●振動ローラ

(コンバインド式)
一方向に締固め軸としての鉄輪を有していて他方向に対してタイヤを左右一列に配置した車軸をもっています。

●コンバインド振動ローラ
作業時のドラムエッジの視認性が優れています。市町村道や生活道路など、さまざまな現場で活躍しています。

(タンデム式)
締固めする鉄輪を前後に一輪ずつ有していて串型に車輪を配置しています。
 
●タンデム振動ローラ
コンバインド式同様にドラムエッジの視認性が優れたロードローラです。

(ハンドガイド式)<手押し式>

●ハンドガイドローラ
別名振動ローラともいわれていて、人が乗って操作するのではなく手で押す方式の締固め機械です。

●締固め用機械

●ランマ
単気筒エンジンの爆発力を利用して、その反力で機械本体をはね上げるとともに落下時の衝撃力で締固めを行う機械です。

●タンパ
ランマに比べてエンジンが一回り大きいハイプロ・プレートとも呼ばれています。

●プレートコンパクター
一個の偏心荷重(アンバランスウエイト)を持った起振機構をもち、この振動によって路盤を締め固める自らの振動で自走するタイプの締め固め振動機です
 
●コンクリートカッター
ダイヤモンドカッターなどと言われる、より硬い資材をもった円盤状ののこぎりを高速回転させてより硬いコンクリートや舗装面を切る機械です。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る