リアダンプの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

リアダンプの買取について

リアダンプとは

リアダンプ

リアダンプは荷台を傾けて積荷を一度に下ろすための機械装置を備えたトラックです。
リヤダンプと表記される事もあります。
荷台の後ろから積荷を排出するため、後方(rear)+ダンプ(dump)と呼ばれます。
主に土砂や砂利、産業廃棄物を運搬するために使用されます。
リアダンプは国内のダンプトラックの中でもっともポピュラーなトラックです。
このためダンプとだけ呼ぶ場合はリアダンプを指すのが一般的です。
砂利販売業者、自動車運搬事業、砂利採集業など様々な場面で活躍しています。

リアダンプの特徴

リアダンプのもっとも大きな特徴は、荷台を持ち上げて傾斜をつけることで一気に積荷を排出できるという点です。
荷下ろしに掛かる時間を短縮することができため、非常に効率よく作業ができます。
リアダンプは荷台を傾ける方向によって3種類に分けることができます。
後方に傾けるものをリアダンプといい、左右側面に傾けられるものをサイドダンプ。
両サイドに開くものを三転ダンプと呼びます。
また普通のリアダンプは上側ヒンジが開くのですが、下側ヒンジが開閉し滑り台上にフラットになるものがあります。
これを Lゲートダンプと呼んで区別しています。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る