チップダンプの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

軽い荷物を大量に運ぶチップダンプ(チップダンプ)の買取について

チップダンプ所有の方必見!!只今、チップダンプの需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

チップダンプとは

チップダンプ

飼料や肥料や木材チップ、産業廃棄物など軽量で体積の大きい貨物を運搬するダンプトラック(ダンプカー)をいいます。
土砂などを運搬するダンプを「一般ダンプ」と呼ぶのに対して、チップダンプは、土砂以外を対象とする「特殊用途ダンプ」に分類されます。
そのため、チップダンプは土砂禁ダンプ(土砂等積載禁止車)とも呼ばれます。比重の重い土砂や砂利などは、
決められた最大積載量を大きくオーバーしてしまうため、運搬することができません。
また、一般ダンプの浅いアオリ(荷台の囲い部分)と相違から、深アオリダンプ、深ダンプなどの別称もあります。

チップダンプの特徴

積載物の比重が軽いため、飛散しないよう、標準よりかなり深いアオリが装備されています。
さらに、保護機能の高い開閉式の屋根が付いた「天蓋付きダンプ」もあり、異物の侵入を阻止し、清潔性や防雨性などに優れています。
リアゲートは、上・下開き式の他に、観音開きや片側開きもあります。
観音開きや片側開きは、扉を側面にフックで固定するため、ダンプアップした時にアオリが地面に接触するのを防げます。
空間の小さな建屋内などで荷役作業を行う場合は、屋根の開閉に場所を取らない「パワーシート付きダンプ」が便利です。
付属の荷台シートを運転席からワンタッチで操作でき、フルオートでシートの掛け外しが可能です。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

えッ!?あのチップダンプがこんなに高く売れるなんて?
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る