油圧ショベルの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

土砂を掘削する油圧ショベル(油圧ショベル)の買取について

油圧ショベル所有の方必見!!只今、油圧ショベルの需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

油圧ショベルとは

油圧ショベル

油圧ショベルはその名の通り、油圧によって動作する複数の間接のアームの先端に、工作用途によって色々なアタッチメントを付け替えることのできる自走式建設機械のことです。
形状や用途によって様々な言われ方があります。ショベルカー・ドラグショベル・バックホー・パワーショベル・ユンボ・油圧式ショベル等々これらを総称して油圧シャベルといわれますが、ユンボやバックホーと通称されることも多いです。

日本では油圧ショベルは建造物解体工事の主役です。本来油圧ショベルは前下方向への作業用に設計されているものなので解体工事用に頭上方向に作業性能を高めたものを解体機と呼ぶこともあります。
機体のサイズも多種多様で6トン未満のミニショベル20トン級の標準ショベルから200トンを超えるような超大型ショベルも存在します。

油圧ショベルの特徴

油圧ショベルの構造

クローラに対し操縦席を含む車体全体が旋回する仕組みをもっています。最近では街中の作業に配慮し、騒音や振動を防止する対策が講じられている機体が一般的で国土交通省に低騒音機械・超低騒音機械の指定制度があります。
ほとんど動力源はディーゼルエンジンを利用しています。エンジンから得た動力を油圧ポンプで油圧力に変換し走行・旋回・作業を行う仕組みです。最近ではエンジンの代わりに電気モーターを搭載し、外部電力を取り込んで油圧ポンプを作動させるタイプの油圧ショベル開発が進んでいます。
多くはクローラによって自走行が可能になっています。中には自動車のようにタイヤを装着したものもあります。公道を走行し移動出来るメリットがあります。

取り付けられるアタッチメント(各種パケット)は多種多様です。

●クラムシェル 二枚貝のように開閉します。
●法面 低部が平坦、土手などの仕上げに利用
●台形 V字型の溝掘り
●スケルトン 底部が格子状、解体カラ振り分け作業
●リッパ 爪による岩石の掘削
●クラッシャー 硬い建築資材の粉砕
●生コン 円錐状で底部が開く、生コン打設
●油圧ブレーカー タガネの打撃で破壊する
●他にも、ワニラー・油圧カッター・グラップル・ピラニア・リフティングマグネット・林業仕様等々です。

操作は運転席の足元から出ている2本のレバーと両手近くの2本のレバーを用いて操作できます。スロットル(アクセル)操作は、レバー式・ダイヤル式、各所ボタン式などメーカーによって様々です。クローラの操作は統一化されていて、片手でも両手でも操作できるように運転席の前方中心部に2本隣り合わせに配置されています。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る