ダンプの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

荷台の傾け方も様々なダンプ(ダンプ)の買取について

ダンプ所有の方必見!!只今、ダンプの需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

ダンプとは

ダンプ

生コン業界で使用され始めたダンプトラックですが、終戦間もない昭和25年頃、磐城コンクリート工業(株)で開発された生コン輸送専用の油圧式ダンプトラックが日本で初めてのダンプカーです。主に地下鉄丸の内線工事の主力運搬車として使用されたと伝えられています。ダンプカーが工事現場に登場したのは、昭和58年に関越自動車道建設工事に使用されたのが始めてです。工事用のダンプカーは最近になって登場した仕様です。

ダンプカーは、特種用途自動車という部類には属さない一般的に架装を行っていない車両と同様に、車検証記載上の車体の形状では「ダンプ」として取り扱われます。しかし、新車のライン製造過程で標準車両として認可を受けて市場に出回る車両はなく、運転席のキャビンと荷台は車の骨組みとなるフレームのみで工場出荷が行われます。そのフレームの上にダンプ装置の二次架装を施す形でユーザーに納品されます。小型貨物・普通貨物自動車の架装車両といった捉え方となります。ただし、架装車両ですので運輸局へのライン持込検査で認可を受ける必要があります。

ダンプの特徴

ダンプカーは、荷台を傾けて積荷を一度にスライドさせて降ろすための機械装置を備えている車両です。土木建設業などに広く使われていて土砂や産業廃棄物を運搬するために広く活用されています。
ダンプカーはその荷台の構造により色々な種類に分類されます。前方を持ち上げて荷台を後方に傾ける一般的な方式を「リヤダンプ」と呼びます。荷台を左右にも傾けられる構造を持つ「サイドダンプ」、後方、左右両方に傾けることができる機構を備えている「三転ダンプ」、高い所へフォークリフトにように持ち上げて傾けられる「リフトダンプ」があります。アオリゲートの構造の違いによって上開き形と後部に傾斜のついたスクープエンド型があります。さらに、ダンプ全体を操縦する方式では前輪で舵をとるリジットフレーム方式と車体自体が折れ曲がるアーティキュレート式があります。

土砂等、5トンを超えるような大型ダンプを利用するには「交通事故の防止等に関する特別措置法」に基づいて運輸局に届け出を行い、自動車にその表示を義務付けしています。非常に重い砂利や粉砕された岩石などを公道を使用して運搬するため、違法な過積載車輌などの厳しい取り締まりが行われている車輌でもあります。
土砂を運搬しない(アオリなどを高くした清掃業者などが扱う)ダンプは、土砂禁ダンプとして届け出を行っています。「重い土砂は運搬しません」という届け出です。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

えッ!?あのダンプがこんなに高く売れるなんて?
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る