コンクリートポンプの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

生コンを送るコンクリートポンプ(コンクリートポンプ)の買取について

コンクリートポンプ所有の方必見!!只今、コンクリートポンプの需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

コンクリートポンプとは

コンクリートポンプ

一般車両が進入できない狭い場所や高層建造物などの高い場所に、生コンクリートを圧力ポンプを使って輸送する車両です。
生コンクリートは、コンクリートミキサー車によって運ばれ、コンクリートポンプに受け渡される形になります。
生コンクリートを作業場所に圧送するためのホースと、折りたたみ式のブームを装備しており、高所や離れた場所にも圧送することが可能です。
作業時にアウトリガーを地面に張り出して作業する「ブーム車」、ブームが装備されていないので、作業場でホースを直接配管して圧送する「配管車」があります。
配管車はブームを装備していないため、アウトリガーを張り出すことがないので、狭い場所等への圧送に適しています。

コンクリートポンプの特徴

コンクリートポンプはポンピングチューブというホースの回転ローラーを可動させ、
ホース内の生コンクリートを送り出すタイプを「スクイーズ式」といいます。
油圧ピストンによって生コンクリートを押し出すことができ、圧送に優れたタイプは、「ピストン式」と呼ばれます。
1965年に極東開発工業株式会社が前説のスクイーズ方式のポンプ車を開発しましたが、当時はブーム等は装備されていませんでした。
操作をする際には、「車輌系建設機械(コンクリート打設用)の作業装置の操作の業務に係る特別教育」の資格が必要になります。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る