バキュームカー(吸引車)の中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

バキュームカー(吸引車)の買取について

バキュームカー(吸引車)所有の方必見!!只今、バキュームカー(吸引車)の需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

バキュームカー(吸引車)とは

バキュームカー(吸引車)

バキュームカーは昭和26年、川崎市が全国に先駆けて開発導入したのが始まりです。その後、衛生的であるという理由から全国に広まります。昭和50年以降は、下水道が整備されて活躍する機会が随分と減りますが、下水道の整備が遅れている地方では家庭用浄化槽が使われており、まだまだ活躍の機会があります。建設現場の仮設トイレなど、現在でもまだまだ活躍できる車輌です。最近では、バキュームカーか汚いというイメージを払拭するために積載部分をバン型車と同様にステンレスのアオリで囲ってしまい、周囲からはバキュームカーだとは分からない仕様と外見の車輌もあります。

バキュームカーという呼び方は和製英語であって、日本固有の名称です。衛生車、糞尿収集車、汲み取り車、し尿収集車とも呼ばれています。正式名称は吸上車です。特種車輌78形状に含まれる運輸局検査対象改造車輌の1つで8ナンバー車輌です。
バキュームカーは、糞尿を回収して運搬するために使用する自動車です。密閉されたタンク形状の物品積載設備、糞尿を吸引するためのホースを有していて吸入・排出用のホースを備えている必要があります。だだし、自ら便器を有している車輌であって、上記物品積載設備を有している車輌は排出用のホースを有していればよいとされています。
タンク状の物品積載設備に糞尿を吸引するための構造がある自動車は、吸入ホースを接続できる構造でなければなりません。また、1つの吸引ポンプを作動させるための動力源及び操作できる装置を有することとされています。

バキュームカー(吸引車)の特徴

真空掃除機の原理でタンクの圧力を減圧することによって、吸引ポンプからタンク内に糞尿を吸い上げる仕組みで、開発段階では「真空車」と呼ばれています。バキュームカーは真空車を横文字に直した名称です。真空ポンプはタンクの上部に巻くように配置されています。真空ポンプはエンジンの動力を借りることによって吸引が行われるPTO方式になっています。
真空ポンプは吸引時に気圧が下がっているため、ポンプ自体が押し潰されないように強いコイル状の金属によって保護されています。積載する液状のものは、ポンプを通過しないために多少の固形物や粘土の高いものであっても問題なく吸引することができる構造です。住宅街などで吸引作業を行う際には、タンク内の空気を高速に抜き取り排出を行う構造から悪臭問題があったため、バキュームカーには燃焼装置を兼ね備えています。排気は全て燃焼させてから行うことによって臭気を低減させています。現在は吸引中にほとんど臭うことはありません。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る