穴掘建柱車の中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

クレーン先のスクリューで掘る穴掘建柱車(穴掘建柱車)の買取について

穴掘建柱車所有の方必見!!只今、穴掘建柱車の需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

穴掘建柱車とは

穴掘建柱車

穴掘建柱車は電柱の建柱工事やビルの土台作りのため地中に埋め込む柱の穴を開ける掘削スクリューを装備したクレーン車です。
穴掘建柱以外の部分は一般的なクレーン車と同じ構造です。
ポールセッター、建柱クレーン、建柱車と呼ばれることもあります。
電気工事、通信工事などの建柱作業、基礎工事になくてはならない車両です。
車両の大きさは2t車、3t車、4t車などが一般的です。
運転には特別な免許は必要ありませんが穴掘建柱作業を行う場合には車両系建設機械基礎工事用技能講習、小型移動式クレーン運転技能講習などの資格が必要になります。

穴掘建柱車の特徴

穴掘建柱車が主に電柱工事などに使用されるクレーン車です。
土に深い穴を掘ることができる他、重たい電柱を単体で持ち上げ、電柱を荷台の上に乗せて走行することもできます。
穴を掘るためのドリルは「スクリューオーガ」といい、穴を掘る深さに合わせて交換することができます。
また、スクリューオーガは交換することで土砂だけではなく硬土、硬岩、さんご地盤、凍土、溶岩などの掘削にも対応できます。
回転速度はゆっくりですが、ドリル部分がくるくると回り、掘削性能は高くあっという間に地面に穴を開けていきます。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る