バルク車の中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

粉や粒を運ぶバルク車(バルク車)の買取について

バルク車所有の方必見!!只今、バルク車の需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

バルク車とは

バルク車

バルク車とは粉粒体の運搬に使用される特殊用途自動車です。
正式名称を粉粒体運搬車と言いますが荷台構造や荷役方式からホッパー車、エア車、積み荷の内容からバルク車、バルクローリーなどの名称で呼ばれます。
トラックの荷台に該当する架装部分がタンクのようになっています。
タンク内は複数の部屋に分かれているので、数種類の粉粒体を同時に運搬できます。
圧縮空気と混合して流動化することで長距離や高所への供給が可能です。
また1室傾胴式、3槽重力落下式、ダンプ併用式、セミトレーラー、エアスライド式など様々なタイプがあります。

バルク車の特徴

タンク上部にある投入口より投入された粉粒体を、エアコンプレッサーからの圧縮空気によって混合し、流動化状態に変換します。「エアレーションブロー式」は、長距離可能で高所での排出ができるために、汎用性が最も高いといわれる方法です。
タンク底部にあるエアスライドキャンバスから、エアを噴出し粉粒体を流動化させ、排出口に集めて排出します。
「エアスライド式」は、セメント・フライアッシュなど、流動性に優れた粉粒体の排出に適しています。
ダンプアップによりタンクを傾斜させ、積荷の粉粒体を後部の排出部へ移動させて排出する方式です。
後部ハッチの開閉が可能なため、残った分の掃除が容易にできるようになっており、種類の異なる積載物の往復運搬などに活用されます。排出しにくい食品や粉粒体には、「ダンプ併用式」が適しています。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る