トラッククレーンの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

操作用運転室を持つトラッククレーン(トラッククレーン)の買取について

トラッククレーン所有の方必見!!只今、トラッククレーンの需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

トラッククレーンとは

トラッククレーン

1975年にGOTTWALD社が、ラフテレーン機能を持つトラッククレーンとしてオールテレーンクレーンを開発します。1987年に75t吊り、100t吊りの2吸収を国内輸入1990年、国産初の110t吊りが住友建機によって開発されます。
トラッククレーンは市販のトラックにクレーン装置を取り付けたトラックです。普段街中で見かける2t~4tトラックにクレーンがついているタイプは「積載型トラッククレーン」と呼ばれていて、一般的には「ユニック」と呼ぶことが多いです。
一番普及しているのがこのトラッククレーンです。車台の形状でも「キャブオーバ」としてクレーンの記載が車検証上にもなく、一般架装されたトラックです。荷台をもったトラックを指し荷台と運転席の間にクレーン装置を有することから「キャブバッククレーン」と専門的には呼ばれています。

トラッククレーンの特徴

以下に説明する専用のトラッククレーンは特種車種「クレーン車」となっています。

荷台を持たないトラックにクレーン装置をとりつけたものを「汎用クレーン」といいます。8ナンバー車又汎用クレーンとは別に車台強度を向上させた専用のシャーシの後部に比較的大型のクレーン装置を架装したトラッククレーンがあります。近年この「クレーン車」は2種類のタイプに置き換わりつつあります。

●ラフテレーンクレーン
荒れた地形、不整地走行に適しているクレーン車。ホイールクレーンの一種。1つのエンジンで吊り上げ・走行・旋回などの全ての操作を行う。9ナンバー車。重量に伴いブレーキ制御が困難なために制限速度は50km以内に抑えられています。公道の移動では全長20m制限、重量20t制限を越えてしまうので、道路管理者の特殊車輌運行許可が必要になります。走行はオートマチック車です。

●オールテレーンクレーン
建設用クレーンでタイヤ自走式の一種です。独立した運転席を持っていて、不整地走行にも適している走行台車の上にクレーン旋回体を架装オルテレーンクレーン、オルテレンクレーン、オールテラインクレーン、オルタークレーンと色々な呼ばれ方があります。大型機種でありながら狭い現場にも進入できます。走行台車とクレーンにそれぞれ運転席があります。ラフテレーンクレーンよりも大型化できますので最大では9軸(18輪)まであります。カニ走行を行うことができます。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

えッ!?あのトラッククレーンがこんなに高く売れるなんて?
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る