ホイールクレーンの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

運転席は1つのホイールクレーン(ホイールクレーン)の買取について

ホイールクレーン所有の方必見!!只今、ホイールクレーンの需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

ホイールクレーンとは

ホイールクレーン

ホイールクレーンは、ゴムタイヤ付きの車軸に支えられた車両の台車の上に、
クレーン装置を架装しているクレーン車になります。
走行とクレーン作業を1つの運転室で操作を行い、ラフテレーンクレーンはこの種類になります。
車輪は、四輪式と三輪式とに分けられ、転倒防止のためのアウトリガーを装備しています。アウトリガーが装備されていない場合、
クレーン作業時に前輪のタイヤの外側に鉄輪を取り付けて接地面積を増やし、安定させる構造のものもあります。
クレーン作業と走行の動力には、走行体に設けられた原動機を使用しています。
現在では、フォークリフトに作業が代用されてきており、ほとんど使用されていません。

ホイールクレーンの特徴

走行する部分が車輪であり、走行部と上部旋回体の運転席が一つしかないタイプのものを、
総称してホイールクレーンと呼んでいます。
走行、吊り上げ作業、旋回などをすべてひとつのエンジンの駆動力で行い、クレーンや転倒防止のアウトリガーの張り出し等は、
油圧駆動となっています。ラジオのアンテナのような伸縮式のテレスコピックブームを装備しています。
作業現場まで自走して移動し、転倒等の事故防止のためにアウトリガーを張り出し、
ブームを伸ばしてクレーン作業が可能な状態となります。
アウトリガーはX字型やH字型になっているものがあります。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

えッ!?あのホイールクレーンがこんなに高く売れるなんて?
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る