クローラークレーンの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

公道は走れないクローラークレーン(クローラークレーン)の買取について

クローラークレーン所有の方必見!!只今、クローラークレーンの需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

クローラークレーンとは

クローラークレーン

自ら原動機を備えていてクローラー(キャタピラー)履帯で走行することが可能な移動式クレーン車です。キャタピラーは接地面積が広く、一般的なクレーンではアウトリガーによって伸ばされたクレーンを支えますが、キャタピラー自体がアウトリガーの役割を果たすため、柔らかな地盤の上や舗装されていない路面などのクレーン作業に適しています。
ただし、キャタピラーは速度が非常に遅く公道を走る事はできません。そのため、現場への移動の際には牽引車輌などの大型トラック輸送の力を借りなければならなくなります。

クローラークレーンの特徴

クローラクレーンのサイズ別分類

●小型クレーン
ミニクローラクレーンと呼ばれていて、5t未満のものを指します。4本のアウトリガーで車体を支える姿がカニまたはクモに似ているので、カニクレーンやクモクレーンと呼ばれることもあります。油圧圧縮式のクレーンが多く、アウトリガーを装着しない機種が多いのが特徴です。また2.9t以下のものでは運転席がついてなく、レバー操作で運転を制御します。

●大型クレーン
5t以上のクレーン車であり、移動式クレーンを操縦するには移動式クレーンの運転免許が必要です。大型クレーンは全体の構造が大変大きく公道を輸送することができないため、都度クレーンを分解して移動し現場で組み立てるという手間の掛かる建築機械でもあります。組み立てにはさらに別のクレーンを要します。

●超大型クレーン
250tを超えるようなクレーンが存在します。高いシンボルタワー、煙突、競技場の屋根、橋梁建設、高層建築物では超大型クレーンが必須になっています。東京スカイツリー建設にも活躍しています。超大型クレーンもクレーン本体の分解と組み立てが効率よく行えることが最重要になるため運搬しやすい、分解しやすい、軽量であるといった様々な工夫がされています。また都市部の工事現場では作業用地を確保することが困難で、大型でありながらもコンパクトさが要求されるようになっています。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

えッ!?あのクローラークレーンがこんなに高く売れるなんて?
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る