Wキャブの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

1台2役のWキャブ(Wキャブ)の買取について

Wキャブ所有の方必見!!只今、Wキャブの需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

Wキャブとは

Wキャブ

W(ダブル)キャブとは、前席と後席2列を設置した車種をいいます。
キャビン(客室)が2つという意味で、ダブルキャビンとも呼ばれます。
アメリカでの「クルーキャブ」という呼称もあります。通常のトラックやダンプは、 座席シートが1列で2〜3人乗りのレギュラーキャブ(シングルキャブ)が標準仕様になっています。
Wキャブは、その後ろにもシートがあり、2〜3人追加して乗車が可能になった構造です。
前後2列シートに5〜6人乗車でき、ドアタイプは左右1枚ずつの2ドア、左右2枚ずつの4ドアに分かれます。
3列シートで6ドアのトリプルキャブ(アメリカでは「キングキャブ」)などもあります。

Wキャブの特徴

乗車定員が多いため、人も積荷も一度に効率よく輸送でき、1台2役の運送車両となっています。
車載人数を増やせるメリットがある一方、積載量が減ってしまうデメリットもあります。
シートが2列になるためにキャビンの部分が長くなり、荷台が短くなってしまうことによります。
この問題を解決するため、ロングシャーシでWキャブ仕様にして、積載量を確保しているトラックやダンプもあります。
小型トラックから4tクラスの平ボディのトラック仕様に多く見られます。
運転席と荷台の間に簡易クレーンを架装したタイプもあり、様々な車種に運用されています。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

えッ!?あのWキャブがこんなに高く売れるなんて?
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る