保冷車の中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

温度を一定に維持する保冷車(保冷車)の買取について

保冷車所有の方必見!!只今、保冷車の需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

保冷車とは

保冷車

冷却装置を備えず、荷室の温度を保つ構造を持ったトラックをいいます。
コンテナ型の荷室の壁に、ポリウレタンなどの断熱材を使用し、外気温の影響を受けにくくしています。
外側の板は、主としてアルミパネル製・FRPパネルアルミ製などで、太陽光の反射性の強い白色が多く使用されます。
内側も同様にアルミパネルやFRPパネルが貼られ、内部に断熱剤をはさんだサンドイッチ方式になっています。
食品輸送をする場合、荷室はステンレスの床材が多く、抗菌効果のある素材もあります。
保冷車のドアの開閉方式としては、バンタイプウイングタイプなどがあります。

保冷車の特徴

保冷車は、荷室が一定の温度で保つ構造になっていても、温度を下げる機能はありません。
そのため必要に応じて、氷やドライアイスを使用して室内を空気を冷やします。
生鮮食料品、給食や弁当など、運搬に厳重な温度管理を求められない積荷、運搬距離や時間が短い場合に適します。
また、荷室が保冷性維持のため、気密性が高める手段として、隙間にゴム、ドア開閉部分などにカーテンなどを装着しています。
それは、ほこり等の異物侵入を防ぐ効果があり、医薬品・化学薬品・精密機械などの運搬にも用いられます。
さらに、湿度による品質低下も抑制するので、紙製品の輸送にも活用されています。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

えッ!?あの保冷車がこんなに高く売れるなんて?
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

冷凍車・冷凍ウィング

←形状トップへ戻る