冷凍ウイングの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

冷凍機能を持つ冷凍ウイング(冷凍ウイング)の買取について

冷凍ウイング所有の方必見!!只今、冷凍ウイングの需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

冷凍ウイングとは

冷凍ウイング

冷凍ウイングのスタートは1960年代の東京モーターショーに出展されていた「省力化トラック」がベースとなり、1970年にはパプコと日本フルハーフから製品化積載効率と合理性の面から日本国内に普及します。
最近、特殊な用途として屋外やトラックの乗り入れができるところでは荷台をイベントの舞台として利用されることがあります。またウイングの外板に太陽電池を装着して太陽光発電による電源車としての利用もあります。

冷凍ウイングの特徴

冷凍という言葉とウィングという言葉をそれぞれ別けてイメージすると「冷凍ウイング」を理解できます。冷凍は自ら荷室の温度を下げることができる冷凍装置を備えた荷台BOXがあるということです。そしてウイングは、鳥の翼冷凍室の荷室が天井の中心部を堺に鳥が羽根を広げるように両側に全開します。
荷室の荷物積み下ろしの障害物を無くすことで、フォークリフトで大量の荷物を一度に積み下ろし、短時間で作業を終わらせることができます。せっかく長距離を冷凍保存して運搬してきた荷物を急激な温度変化によって痛めないように短時間での作業が重要視されるために開発された架装車輌が冷凍ウイングです。

冷やしたまま運搬するバン型車はその荷室の温度管理が用途の重要な意味を持ちます。冷凍ウイングではマイナス10度からマイナス30度といった荷室を非常に低温状態に保ちます。特に低温状態を必要とされるものを「冷凍ウイング」といっています。
また、中温冷凍といわれる荷室を0度からプラス5度に保つ構造のバン型車を冷蔵ウイングといい、冷凍ウイングと冷蔵ウイングに判別しています。
ちなみに、自ら荷室を冷やす構造を持たないバン型車では保冷車と呼ばれるものがあります。温度変化に弱い精密機械や貴重な絵画など生鮮食品や冷凍食品以外にも比較的低温管理が必要な様々な商品を搬送する目的を果たしているのが保冷ウイングと呼ばれている車輌です。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

えッ!?あの冷凍ウイングがこんなに高く売れるなんて?
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

冷凍車・冷凍ウィング

←形状トップへ戻る