Fゲートダンプの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

Fゲートダンプの買取について

Fゲートダンプ所有の方必見!!只今、Fゲートダンプの需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

Fゲートダンプとは

Fゲートダンプ

まず、ダンプは一般ダンプと特殊ダンプに分類することが出来ますが、Fゲートダンプは主に土砂を運ぶためのダンプとして使われることが多く、前者の一般ダンプに分類することが出来ます。
特殊ダンプとは土砂を運ぶことが禁止されている為、土砂禁ダンプ(土砂等積載禁止車)ともよばれています。
Fゲートダンプは別名Lゲートダンプと呼ばれることがあり、実は同じダンプのことを指しているのです。
名前の由来はテールゲートがローマ字のL字になっていることと、テールゲートがフラットになることからフラットの頭文字であるFを取ったもので、それぞれLゲートダンプ、Fゲートダンプと呼ばれています。

Fゲートダンプの特徴

岩や土砂を運ぶために開発されたダンプですから、そのための特徴が
随所に見られるのがFゲートダンプです。
まず、アオリと呼ばれている荷台を囲っている板が浅く作られています。
そして、通常の土砂ダンプではこのアオリ部分がヒンジで開閉するのに対し、Fゲートダンプは下側のヒンジが開閉することで滑り台のようなフラットな状態になるため滑り落ちるように土砂を落とせるのが特徴です。
このようにベッセルを持ち上げて後方のみが開く一方開(リアダンプ)となっているため、アスファルト、コンクリート、石炭がら、土砂、岩などを運ぶのに適しているのです。
昔は、このFゲートダンプは岩車と呼ばれることもあったほどです。
このように大きな岩や製品を載せることも多いため、中古車の場合は
床面がデコボコしていることもあるようです。(性能面で問題はありません)

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

えッ!?あのFゲートダンプがこんなに高く売れるなんて?
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る