タイヤユンボの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

タイヤユンボの買取について

タイヤユンボ所有の方必見!!只今、タイヤユンボの需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

タイヤユンボとは

タイヤユンボ

ユンボは元々、フランスの建設機械メーカーであるSICAM社の商標です。
日本では油圧ショベル、パワーショベル、バックホー等のように呼ばれている重機の呼称の一つです。
三菱重工業が1961年に発売した油圧ショベルが「ユンボ」という
名前で発売されその性能のよさがあったため、油圧ショベル全般の
代名詞として定着したものです。
通常のユンボはぬかるみなどの不整地での作業も支障なく行えるように、走行部分がクローラーになっています。
それに対して、タイヤユンボは走行部分がタイヤになっているため
不整地での安定性能はクローラーよりも劣ることになりますが、公道を走ることが出来るというメリットがあります。

タイヤユンボの特徴

タイヤユンボは油圧ショベルと基本性能は同じとなっており、走行部分が大きく異なる設計(クローラーではなくタイヤ)になっていることから公道を移動可能な油圧ショベルという設計思想があります。
通常のユンボはそれ単体では、作業現場内でのみ自走することが可能ですがタイヤユンボは現場内はもちろん公道を走ることが出来るという点において通常ユンボと大きな違いがあるのです。
油圧によって作動するアームの先端にアタッチメントを付け替えることによって、様々な用途で使うことが出来ることから、様々な建設現場で使用されています。
一部機種によってはクレーン機能付きのものがあり、掘削と吊り上げの両方を行えるものも存在しています。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

えッ!?あのタイヤユンボがこんなに高く売れるなんて?
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る