ファームダンプの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

ファームダンプの買取について

ファームダンプとは

ファームダンプ

ファームダンプとは農地や牧場などで使われる深ダンプのことです。
通常のダンプよりも軽比重物を積み込みやすくするためにアオリが深くなっており荷台部分をダンプアップすることで内容物を一気に排出することができます。
深ダンプではなく、ファームダンプと呼ばれるのは積載物が違うことを表すためです。
ファームダンプは主に家畜の肥料や農作物を運ぶために使用されます。
特に農地面積、牧場面積が大きくなりがちな北海道で利用されることが多くそのため冬の期間は除雪作業に借り出されることも多々あります。
その形状からデカ箱と呼ばれ、親しまれています。
また、ファームダンプの荷台は密閉構造となっているため家畜の糞尿などが漏れ出す心配もなく運搬することができます。

ファームダンプの特徴

ファームダンプの最も大きな特徴は農作物や家畜飼料など軽比重物を多く積み込めるよう荷台のあおり部分が通常のダンプトラックより高なっている点です。
このため土砂禁ダンプ、深ダンプとも呼ばれ、土砂などの重比重物は積載することができなくなっています。
ダンプ部分は後方にダンプアップするリアダンプの他、サイドダンプ、三転ダンプなどがありますが、ほとんどはリアダンプが採用されています。
農地面積や牧場面積が大きい北海道を中心に活躍しています。
一度に大量の積載物を一度に詰め込み、一気に排出でき、更に公道を走ることもできるため作業効率が高くなると重宝されているトラックです。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る