コンクリートミキサー(ミキサー車、生コン車)の中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

生コンクリートをかき混ぜるコンクリートミキサー(ミキサー車、生コン車)の買取について

コンクリートミキサー(ミキサー車、生コン車)所有の方必見!!只今、コンクリートミキサー(ミキサー車、生コン車)の需要拡大につき、買取額を大幅UPします!!完全買取強化中!!
かんたん!インターネット査定 高額査定に申込む!
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK

コンクリートミキサー(ミキサー車、生コン車)とは

コンクリートミキサー(ミキサー車、生コン車)

コンクリートミキサーは荷台部分にミキシングドラムという円筒型の容器を備えた車です。
ミキサー車、生コン車、移動式ミキサと呼ばれることもあります。
コンクリートミキサーはコンクリートの材料を積み込み、ドラムの中で練りながらコンクリートを製造・走行します。
製造されたコンクリートはそのまま工事現場へと輸送されます。
あらかじめ工場で製造されたコンクリートを輸送する車を「アジテータ」といいます。
より高速にドラムを回転させることがきます。
コンクリート技術の発達により、車両内でコンクリートを作成する必要がなくなり近年、コンクリートミキサーに代わり、アジテータが普及しています。

コンクリートミキサー(ミキサー車、生コン車)の特徴

コンクリートを質のよい状態で保ちながら建築・土木現場などに運ぶことができるのはコンクリートミキサーだけです。
建築・工事現場では欠かすことのできない働く車です。
コンクリートミキサー車の一番の特徴は、ドラム部分です。
ドラムの中にはミキシングフレームという羽根がついていて常時、中の生コンをかき混ぜています。
ドラムが回転するのは「コンクリートが固まらないように」とよく勘違いされますが、これは間違いです。
なぜドラム部分が回転するかというと、比重が大きく異なる水とセメントと砂利が走行の振動で分離してしまうのを防ぐためです。
回転することでコンクリートを均一の状態で運ぶことができるのです。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

えッ!?あのコンクリートミキサー(ミキサー車、生コン車)がこんなに高く売れるなんて?
メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK