空港荷物運搬車の中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

空港荷物運搬車の買取について

空港荷物運搬車とは

空港荷物運搬車

空港荷物運搬車とは空港で働く車輌です。
トーイングトラクター、トーイングタグ、豆タグと呼ばれることもあります。
主な仕事はバルクカートや荷物コンテナを航空機まで運んだり到着した航空機から下ろされた荷物コンテナなどを手荷物物引渡所などまで
牽引して運ぶための車輌です。
最大で6台まで連結させて牽引することができます。
また航空機のプッシュバックにもこの車輌が使われます。
ローディングエプロンから整備場までの移動など飛行場で大活躍しています。
一般公道を走行することはできません。
重たい航空機を引っ張れるほどのハイパワーな機能を持っています。
一般人が入れない制限エリア区域内を走行する車輌のため大型免許、大型特殊、牽引免許のほかに航空局の発行する免許がなければ運転できません。

空港荷物運搬車の特徴

空港荷物運搬車の最も大きな特徴は前輪駆動で動くという点です。
これが一般的なトラックとのもっとも大きな違いです。
なぜ前輪駆動にしているのかというと、手荷物搬入口の高さが低いため
車体を低くせざるを得ないからです。
北国など雪が多く降る地方の空港荷物運搬車は車体の前方に除雪版、
車体に屋根を装備している車輌もあります。
ガソリン車、ディーゼル車、電動駆動のものなどがあります。
連結にはドロバーという可変連結器で最大6台まで連結牽引ができます。
航空機はバックすることができずに、後方を確認することもできないので航空機をプッシュバックする際にも活躍します。
300トン級の巨大な飛行機を押したり引いたりできる車輌でブッシュバックを行うときには必ずウォッチマンと呼ばれる人とコンビで働きます。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る