ダンプトレーラーの中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

ダンプトレーラーの買取について

ダンプトレーラーとは

ダンプトレーラー

ダンプトレーラーはトレーラーダンプと呼ばれることもある車両です。
一般的なダンプトラックでは運べない大きな荷物や、より多くの荷物を一度に効率的に運搬するために作られた車輌です。トレーラー式でセミトレーラーまたはフルトレーラーにダンプ機能を兼ね備えています。
日本では1999年に規制緩和が行われ、土砂運搬が可能になりましたが積載物込みの重量が道路や橋梁の規格を超える場合には特殊車輌通行許可制度により道路管理者に許可申請をしなくてはいけません。
こうした事情から日本ではセミトレーラータイプが圧倒的に多く積載量が18トンタイプが人気となっております。
ダンプトレーラーを運転するためには、乗用車の免許およびトラックの免許、けん引き免許が必要になります。

ダンプトレーラーの特徴

ダンプトレーラーはセミトレーラーやフルトレーラーにダンプ機能を兼ね備えています。
荷台部分はリフトアップするダンプ機能や原動機を持っていないため主に牽引されるためだけの車輌となっています。
ダンプアップ機能はトラクタ部分にあります。
通常のダンプカーでは運ぶことができないような大きな荷物や大量の荷物を一度に運ぶことができ、後方から一気に排出することで効率的な作業が可能になります。
規制緩和が開始されてからは土砂の運搬に使われることも増えつつありますが食品原料や粉流体運搬や産業廃棄物、飼料や燃料の運搬、コンクリートプラントの原料運搬など幅広いシーンで利用される車輌です。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る