締固め機械の中古トラックの形状一覧

中古トラック・重機の無料高価査定はこちら:フリーダイヤル 0120-987-578:9:00~19:00(日曜除く)

締固め機械の買取について

締固め機械とは

締固め機械

土木建築現場に於いて地面を固めるために使用される建設機械になります。車両自体の重さ(圧力)を利用して締め固めるものと、振動を与えることによって叩くように固めるものとに大きく分類されます。

大規模な建築現場では、大型の振動ローラ式やタンピングローラ、タイヤローラ、ブルドーザ等がよく使われます。小規模な工事現場や狭い箇所などでは牽引式(人力で締固め機械を誘導操縦する)が使われます。

締固め機械の特徴

締固め機械の分類

●ローラー式
回転する重いローラーの圧力で締め固めていく方式。振動式のものもあります。

●ロードローラー
重量が重く、誠意面積が大変大きな車輪を有し、その重量で路面に一律に圧力をかけて走行し締め固めていきます。種類は沢山あります。

●マカダム式
鉄輪を三軸車形に配置している。技術者ジョン・ロウドン・マカダムの考案によるものでこの名前になったものです。主にアスファルト舗装の締固めに利用され、平坦な仕上げが可能になっています。

●タンデム式
鉄輪が前後に一輪ずつあって、串状に配置された鉄輪で締め固める二軸と三軸車があります。マカダム式同様にアスファルト舗装に適しています。

●ハンドガイド式
振動ローラといわれているものです。乗車は出来ないので人の手で押す方式です。二軸式のみがあります。鉄輪と機体に振動装置を取り付けることでその振動力と圧力で締め固める機械です。砂利や砂などの粘性の小さい材料に適しています。

●コンバインド式
一方に鉄論を持っていて他方にタイヤを左右一列に配置した構造をもった締固め機械です。締固めと仕上げを一気にできる特徴があります。 
   
●タイヤローラー
三個から四個の空気入りタイヤが左右一列になっている車軸を前輪に持ち、車輌の重量を利用してタイヤの特性を生かした締固めを行うものです。アスファルト舗装の特に表層仕上げを得意とします。

●タンピングロール
岩石や土砂を積み上げて建設する型式のダム現場などで土壌の締固めに活用させています。フート先端に荷重を集中させて土塊を破砕できます。
 
●平板式
平面な板状の鉄板を用い振動させることによって叩くように締め固める方式です

●ランマ
単気筒エンジンの爆発力を利用し振動させることによって得られる落下時の衝撃力を利用して締め固める。人力で操縦をするために、作業効率を考えて100kg程度の自重になっています。最近では電動式のものもあります。

●タンパ
仕組みはランマと同じ落下時の衝撃を利用しています。ランマに比べてエンジンが一回り大きのが特徴です。そのため締め固める力がより大きく硬い路盤砕石の不陸整正やアスファルト舗装の仕上げに使われます。

トラック堂ではこのような車輛も買取可能、大歓迎です!!

【トラック堂】では、他社では値段が付かずに断られてしまった車輛も、可能な限り高値で買取りさせて頂いております。

また、【トラック堂】では、お客様がお持ちの車輛が「今どのぐらいの金額で売れるのか?」など、買取額の調査も行っております。その際、オペレーターが丁寧にご案内致しますので、ぜひご利用下さいませ。
どんな些細な事でも構いませんので、ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

メーカー 年式
車種名 走行距離
形状 型式 例:PA-FK61FK
他にこんな形状も買取可能です

←形状トップへ戻る